メソセラピーの基本情報

メソセラピーとキャビテーションの違いはなに?

女性にとって、身体に付いてしまった脂肪やセルライトをきちんと取り除ける方法を追求するのが永遠のテーマとも言えます。更にいえば痛くなく、即効性や持続性があればある程魅力的な方法でしょう。

今話題になっているメソセラピーとキャビテーション。
どちらも脂肪やセルライトに効果的である。この2つの方法の違いを挙げながら、解説していきます。

メソセラピー(脂肪溶解注射)の特徴

メソセラピーとは脂肪溶解注射のことです。美容番組でタレントさんや一般のモニターの方が、痩せたい部位に注射を受けている場面を見たことがあるでしょう。その施術についてお伝えします。

施術方法

美容外科や美容クリニックにて施術できます。施術を受けるクリニックにより異なりますが、1~2mlの注射を痩せたい場所に打ちます。

相場は1本1万円程です。何本の注射を打つかによりますが、所要時間は5分以内で終わります。頻度としては、1ヶ月1回程です。

メリット

注射であるため、傷跡が殆ど目立ちません。また注射であるため、脂肪やセルライトにダイレクトに作用します。

注射後の脂肪やセルライトは、老廃物となって体外に排出されます。顔に注射した場合、その日のうちに化粧をして帰宅できます。

デメリット

1本1万円程なので、数打つと費用がかなりかかるところです。なので、場所を厳選して施術を受ける必要があります。

例えば太もも1箇所に打つとします。太ももに1本打ったとはいえ、太もも全体に効果を発揮するわけではありません。

太ももを細くするためには、四方八方あらゆる方向から注射を打つ必要があります。また小さな注射とはいえ、数打てばチクッとした痛みに数回耐えなければなりません。

費用と効果の範囲、痛みの程度を理解した上で施術するかを決めましょう。

キャビテーションとの違いとは?

キャビテーションも脂肪やセルライトに効果的です。1回の施術範囲も、メソセラピーより広いです。キャビテーションは超音波により細胞内に気泡を発生させて、その気泡が弾けることにより、効果を発揮します。

なので目で見える即効性は、キャビテーションの方があるでしょう。ただ持続性はあまり期待できません。月に数回、定期的にキャビテーションを充てていくことが大切になってきます。

費用もこれまた、場所により違いますが、相場はメソセラピー1本=キャビテーション1回分で、値段は同じくらいです。

まとめ

メソセラピーとキャビテーションの違いを挙げて説明しましたが、いかがでしょうか。両者どちらも脂肪やセルライトには大変効果的です。

しかし、それぞれメリットやデメリットもあります。
自分が何を重要視するのか。費用なのか即効性なのか等、よく考えた上で決めたいですね。

そんな方は実際にクリニックに足を運び、カウンセリングを受けてみてください。あなたに合った施術を提案してくれます。

大切な貴方の身体なので自己判断で決めず、専門家の力を借りながら理想の身体を目指しましょう。